ネットビジネス調査報告

加藤一郎「メルクル」は詐欺?評判は?レビュー検証します。

投稿日:

1日10秒で月400万円稼げるのは本当?

 

こんにちは。「ネットビジネス健全化会議」のTAKUです。

巷に溢れる怪しい情報(クリックするだけで○万円、寝ているだけで○万円)。

「貯金が〇億円ある」「成功しています!」だのは簡単に画像修整で

表現出来てしまいます。また顔出し動画でさえも、アルバイトを雇って

演技させたりして信じ込ませるケースも多いのです。

そのような画像や情報に惑わされないよう、

「その情報は信用して良いのか」「確認するポイントはどこなのか」を

検証してまいります。

 

 

今回は、「スキル不要、「思考不要」で月400万稼げる

という加藤一郎「メルクルを検証します。

mercle

 

基本情報

まずは特定商取引法に基づいた表示を確認します。

 

mercle

どうやら加藤さんが個人で運営されているようです。

法人では無いので、責任能力は「謎」です。

個人での運営であれば、多くの会員をサポートできるかが、不安ですね。

儲かっている事業であれば、法人で運営した方がはるかに税金上も有利なのですが、

個人での運用となると「あまり儲かっていないのかな?」と思ってしまいます。

 

 

また、メールアドレス以外の連絡先や住所等の必要な表記が見当たりません。

これでは何かあっても連絡が取りようがありません。

 

特定商取引法の表記としては、全く不完全なもので、

このような書き方をしていた過去のセールスではり

1,2回のお金を回収したら、スグに消える業者が多発していました。

 

 

効果は保証しない表現

「本商品に示された表現の受け止め方には個人差があり、

必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」は注意すべき表現です。

 

「表現の受け止め方には個人差」とあるのは、広告の表現を誤解するのはあなたの責任ですよ。

と言っています。

 

また、「利益や効果を保証したものではございません」の表現では

追求されたときに言い逃れできるようにしています。広告本文には再現性100%で全員が

確実に効果があると表現しているのにです。

 

このように、特定商取引法の表記で

「セールスページの表現通りならなくても責任はあなたになりますよ」

と注釈している訳ですが。

明らかに広告と商品が違う、明らかに内容が違う、などの場合は

「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)の優良誤認(5条1項1号)」

という法律に該当します。

細かい話は省略しますが、

広告と商品の内容が違えば法律違反で、

利用規約よりも優先されるのが法律です。

利用規約は商品が正当なもの以外は有効にならないのです。

商品・サービスの内容が、事実と相違して、

実際よりも優良であると誤認させる
他社の商品・サービスよりも優良であると誤認させる
ことを規制する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

 

 

商品の内容

mercle

 

仕掛け人は加藤一郎と言う人。

一般的な名前すぎて、ネット上では実績などは確認できませんでした。

「グループ年商」などの語句を散りばめ、

いかにも法人を運営してそうな雰囲気ですが、

特定商取引法の表記上は個人で運営をされています。

 

mercle

 

「あるビジネス」「秘密のコミュニティー」などと設ける仕組みの中身は不明ですが、

スキル・思考不要で、再現率100%を誇る何かである説明があります。

 

そのような確実性のあるビジネスならば、ご自分で行えば良いと思うのですが、

「なぜ、オイシイ仕組みを広く募集したりしようとしているのか」の

説明はありません。

 

mercle

 

 

動画の視聴を進めてゆくと、ブックメーカーで有ることがわかります。

 

merclemercle

 

インサイダー情報を使うとのことですが、真偽の程は定かではありません。

 

merclemercle

 

今回はLINEが来たらその指示に従って、オンラインで手続きをするようですが、

動画では、「スグに対応しなくても良い」と解説されています。

 

にわかには信じられない話ですが、これは

最終的に仕組みが解説してくれるとの事ですが

いずれにしてもうまい話なので、かなり警戒する必要があります。

 

 

評判

経歴を詐称していると言わざるを得ません。

そなると、加藤氏が経営している会社

は存在していないということにもなります。

商材の販売に際し、販売会社の詳細が

ないことも納得できます。

さらに、今回のインタビュアーの

鈴木太一氏も 投資家で検索しても

何も情報を確認することができませんでした。

このような人物から商材を購入することは、

極めて危険であるということです。

以上の見解から、加藤氏のメルクル

の参加をお薦めすることができません。

 

出典元:https://ameblo.jp/vitz-scp10w/entry-12457441524.html

 

結論

いろいろと言われていますが、

 

加藤一郎氏は存在するのか

運用は個人か法人か

なぜ、システムを無料でばら撒くのか

 

今回のオファーの内容だけでは、このあたりの疑問は解決出来ませんでした。

よって、今回の案件は危険と判断しました。

 

今後、セミナーなりLINEなりの情報が入手出来ましたら

追加レポート致します。

 

この「ネットビジネス健全化会議」では、巷に溢れるネットビジネスの情報やノウハウなど、調査して検証し、報告できるものは報告しています。

 

 

もし、「詐欺に引っかかった!」と思ったら

まずは公的機関に相談してみてはいかがでしょうか。

独立行政法人国民生活センター

または電話で相談

消費者ホットライン(188)

警察(#9110)

カード会社や決済代行会社に相談すれば解決する可能性もあります。

 

 

 

免責事項

当サイトに掲載する情報については十分注意を払っておりますが、主観的評価や、時間経過による変化が含まれることから、その内容の正確性・安全性等について保証するものではありません。

提供している情報、当サイトのご利用・リンク先のサイト利用によって何らかの不利益や損害等が生じた場合や、期待した収入が得られなかったとしても、当サイトは一切の責任を負いません。なお、当サイト内に記載されている情報は、「免責事項」及び「著作権」の内容を含み、事前の予告なしに変更または削除されることがあります。

-ネットビジネス調査報告

Copyright© ネットビジネス健全化会議 , 2019 All Rights Reserved.